アルガンオイルで艶髪美人|ヘアケアマスター講座

まとまりのある髪

美容

サラサラの使用感

アルガンオイルは顔につけるだけではなく、食べることも全身につけることも、そして髪の毛につけることもできる万能なオイルとして人気が高くなってきています。アルガンオイルには保湿効果があるため、髪の毛に使用することでケアを行うことができます。髪の毛にアルガンオイルをつけると、髪の毛のダメージを補修しながら保湿も同時に行うことができ、髪の毛全体のまとまりを改善していくことができます。アルガンオイルはさらさらとした使用感のため、オイル特有のベタベタ感があまりないのも人気が高い理由の一つです。ベタベタすることが少ないため、洗髪後に洗い流さないトリートメントとして使用することができます。また、頭皮マッサージとして使うのも良いです。

似ている

アルガンオイルについて知っている人はまだまだ少ないです。アルガンオイルとは、砂漠地帯のモロッコに生育しているアルガンツリーの実の種の核部分から採取することができるオイルのことを指します。オリーブオイルよりも2倍から3倍のビタミンEが含まれており、その他にもオレイン酸やリノール酸などの美容成分が豊富に入っています。ビタミンEには抗酸化作用があるため、アンチエイジングといった老化予防に高い効果を発揮します。オレイン酸やリノール酸は肌の脂質の成分と似ています。そのため、浸透力がスムーズだといわれています。アルガンオイルは美容効果だけではなく、食べることもできるため健康面でも優れた効果があると言われている万能オイルなのです。